山梨県の木材市場の現況(2018)

山梨県の木材市場は、業績の安定化のために多くの情報をデータ化して共有しているのが大きな特徴です。単年度だけではなく長い年月をかけてデータ化しているため、需要と供給のバランスなどを一目で確認することができます。需要が大きく伸びている場合はあまり心配がありませんが、減少している場合には早急な対応が必要です。なぜ需要が下がっているのかを考え適切に対処しているため、大きな損失などを出さないことにつながっています。原因の追及をその都度していくため、木材市場の現況は安定傾向ということが可能です。山梨県全体の人口は、最近の日本の現況と同様に減少傾向になっています。人口の減少は住宅などの需要が下がることを意味し、心配されるのが木材市場の業績悪化などです。人口は少なくなっていますが東京都と隣接した地域なので、住宅建築数などは安定した数値を示しています。木造で建築する一戸建て住宅の件数が増えていくと、それに伴い木材市場が向上していくのが特徴です。山梨県には山間部も多いため、木材市場が数多く点在しています。木材需要を増加させていくためには、質の良い木を安定して生産していくことが必要不可欠な材料です。各市場がバラバラに対応していては、質の優れた木を生産することはできません。山梨県の木材市場では、様々な情報をデータ化しているためお互いが共有することが可能です。そのため、質の良い木材を安定して供給することが可能になり、2018年に入ってからも業績は安定しています。木造一戸建ての建築数の減少は、木材の需要の低下を招いてしまうことが少なくありません。そのような現況の中でも、栃木県の木材市場では有利になるように対応を考えています。交通アクセスを整えたため、県内だけではなく県外にある大型の製材所などへ直接木を輸送することが可能です。様々な需要に対応していることも、山梨県にある木材市場が安定している理由になります。