石川県の木材市場の現況(2018)

2018年の石川県の木材市場のスタートは明るい話題から始まりました。
日本全国、どこの木材市場も厳しい状況が続く中で、2018年の石川県の木材市場の初位置は出材料が少なく品薄感はあったものの、平均単価自体は前年を上回るものとなっていたため関係者からしても、まずまずの結果となったわけです。
明るい話題が少ないだけに、新年から好スタートを切ることができたというのは喜ばしいことではありますが、まだまだ木材市場の現況が楽観視できるほどに良くなったわけではありません。

 

石川県ではできるだけ地域材が活用されるように、様々な取り組みが行われていますが、それでもまだまだ石川県の木材市場の活況になるほどに需要が増えてきているわけではなく、他県と同様に先行きが不透明な状態が続いています。
木材の需要が全くゼロになってしまうということは考えにくいものではありますが、その一方で大きく需要が増加をすることも考えにくいだけに、見通しとしてはどちらかと言えば暗いものとなってしまいます。

 

それでも石川県は森林が多いということもあり、林業や木材産業に力を入れていこうという取り組みがあるのが、他県よりも強みとなっているところであり、厳しい状況をなんとか打破していこうというのは大きな明るい話題の一つと言えます。
そのような試みの結果が2018年の好スタートに繋がったと考えれば、決して未来は暗いだけのものではありません。
予断を許さない状況ではありますが、必ずしも悪いことばかりとは限らないだけにこれから先どのようにして更に需要を掘り起こしていくのかということが課題となってきます。
明るい話題から始まった2018年の石川県の木材市場の現況ですが、まだまだ苦しい状況が続いているだけに、悪い現状を打破するために色々と試行錯誤をしている段階です。
厳しい状況に思われますが、全国的に先行きが全く見えない木材市場の現況を考えると、石川県はまだましな部類といえます。