福井県の木材市場の現況(2018)

福井県の木材市場では、県内だけではなく日本国内への供給などを広めてく活動を続けています。森林面積が大変広い福井県ですが、人工林の割合が高いことで有名な地域です。人工林が森林全体に占める割合は、約40%以上にもなる広さを誇ります。人工林の割合が多いことは、年間を通して適切に管理されている森林が広いことを意味すると言うことが可能です。誰からも管理されていない自然の状態のままでは、質の良い森林資源を育てることができません。定期的な伐採などを行わなければ、木々が密集し成長を妨げてしまうことがでてきてしまいます。節の少ない真っすぐに伸びた柱を生産するためには、適切な枝などの選定作業も必要です。福井県の森林市場では、地域に根差した組織を作り上げているので細部にわたって機能しているのが他では見られないメリットになります。福井県での住宅の建築件数の現況は、交通網の整備などにより毎年安定した数値です。北陸や東海道新幹線などが利用できるため、都市部で働く人も住み続けることができます。都会よりも住宅地の価格が安くなるため、新築一戸建てなどを建築しやすいのも福井のメリットです。億増住宅では多くの木の材料を使用するため、木材市場の安定化にも貢献しています。新幹線だけではなく他の鉄道網なども整備されているため、アパートやマンションなどの件数も比較的安定傾向です。マンションなどは鉄骨系が多くなりますが、内装などを含め木材を使うことが多くなります。リフォームなどで家を改築する場合も多く、福井県の木材市場の現況は活性化の傾向です。複数の高速道路が県内を通っているため、県内だけではなく県外への木材輸送も大変便利になっています。県外各地からの需要にも安定して対応ができることも、福井県の木材市場の安定化に貢献していると言うことが可能です。安定して質のすぐれた木々を育てているため、福井県の木材市場は活性化しています。