徳島県の木材市場の現況(2018)

日本国内の木材の生産数はライフスタイルの変化などによりその需要が減少傾向にあることから近年減少する傾向があります。そのため全国の木材市場の現況は低迷を続けている実態があり、多くの地域で新たな需要拡大のための様々な施策を打ち出してこの対策を行っている傾向があります。徳島県においても重要の現象に対して様々な施策を行っており、その維持に努めている状況があるのです。
徳島県の木材市場の特徴は様々な種類の木材を取り扱っている点です。一般的に地域によって生産される種類がそれぞれ異なり1つの種類に関して注力をしていることが多いのですが、徳島県ではその地形から様々な材木を産出できる特性を持っており、これが様々な用途に重要を広げている要因となっています。しかし近年では重要の大きい木造住宅の生産数が減少しており、これに伴い様々な木材を生産している徳島県においてもその総生産量が減少する傾向にありました。
加えて重要と供給のバランスから生産過多となり価格が下落する傾向が生まれたことから林業における利益も減少すると言う状況になり、一時期は廃業するところも増えた経緯があります。
しかし2018年の現在では様々な環境が変化し、林業が好転している傾向があるのです。その1つが日本の良さの見直しがあちこちで行われている点で、特に外国人が日本の木造建築に対して非常に良い印象を持ちその木造建築を海外の自宅で実現したいと考える人が増えたことや、日本においても木造建築の堅牢さや快適性が見直され増加傾向にあることがその1つの要因です。この際に日本の木材は非常に質が良くまた見た目に美しいと言う店も高く評価されており、国内外を含めた木材の需要が高まっていることから徳島県においてもその出荷量が徐々に戻りつつある実態があります。
加えて徳島県では木材の需要の拡大に向け工芸品を始めとする様々な材料に木材を応用する施策を進めており、家具や調度品の材料として広く普及し始めているほか、近年では一般家庭向けに材料を販売する取り組みも始めていることから自分で制作したい人に対して適正な価格で販売し需要を拡大することも推進されています。