佐賀県の木材市場の現況(2018)

佐賀県は日本一人口に対する森林の比率が高い県で知られており、県全体の職業に対する林業の比率も非常に高い地域となっています。その出荷量も非常に大きく、現在でも県の生産品の中で大きな割合を占めていることから以上に重要な産業となっているのです。
佐賀県の木材市場の現況は決して芳しいものではありません。価格が低迷しその出荷量も従来に比べて伸びが少ない状態にあるため、県では様々な対策を行いこの状況を打破しようとしており、これまで住宅の建築や様々な建造物の材料として使用されていた木材を他の用途にも転嫁しようと様々な施策を行っています。
近年では木材を工芸品に利用し利益を上げているところが増えていますが、宮崎県でも特産品の様々な工芸品を木材を利用して制作し販売することでその特長を前面に打ち出している傾向があります。また住宅を建築するための材料としてだけではなく佐賀県ならではの特長を生かし住宅のインテリアやその他の特徴的な部分に使用することでその価値を高めているのも実態です。日本の木材は非常に質が良く木目の美しいと海外からも高い評価を受けており、輸出量も増えていることから海外での需要が増えていることも安定した生産量を維持する要因となっているのです。
日本の木材市場全体で一時期はその需要が落ち込み価格が低迷したことから木材は不況に見舞われることが多かったのですが、近年ではそれぞれの地区が独自性を打ち出し木材の価値を高める努力を行ったことで、現況は比較的安定している傾向にあります。佐賀県の木材も同様に様々な用途に使用するものとして発展しており、安定した生産性を維持しているのです。
佐賀県の木材市場の現況は基本的に価格が低迷していることから高い利益を得ることができる状態ではありませんが、生産量が安定しており需要も増えているため、今後は木材の品質によってはさらに状況が好転すると考えられており、様々な用途への応用が期待されるものとなっているのが実態です。