長崎県の木材市場の現況(2018)

長崎県では生産された木材のほとんどが県外へ原木のまま出荷されている傾向があり、生産量は比較的多いのですがその利益が県に残らないと言う現状がありました。加えて国内の木材の消費量が年々低迷しておりその価格も下落する傾向にあったことから様々な取り組みを行い、その出荷数の維持と利益の拡大に努めています。
その中でも木材の県内での製材や加工を推進することでこれらの費用による利益の拡大を行い、木材市場における需要の拡大を圏内に留める努力をしたことで長崎県の木材市場は安定している現況があり、その維持が可能になっていると言う実態があります。また新たな市場の拡大として近年韓国での木材の需要が高まっており、その地の利を生かした韓国への木材の出荷も非常に増えていることから県内の木材出荷数が増える傾向にあることも現況が好転する要因となっているのです。
日本国内では近年木材の需要が減っている要因として住宅への需要が減ってきたことがあります。しかし木造住宅の良さが全国的に見直されており、多くの県で国産の木材を生かした住宅の需要が高まっており、国産の木材の美しさや木目の正確さなどが見直されていることから価格も上昇していることで長崎県の木材市場も様々な取り組みの成果と合わせて現況が好転しているのが実態です。
これまで特に住宅の需要は木材から鉄筋へと変化していきましたが、地震や災害に対して鉄筋の強度に限界があることが見直されており、木造住宅は衝撃や揺れを効果的に分散しその耐久力が高いことも再評価されつつあります。そのため全体的に木材市場の現況が好転しており、長崎県の木材市場においても良い条件が整いつつあることから様々な施策を打ち出しその需要拡大を推進している状況です。
日本の林業は高齢化を迎えその担い手が減少する傾向にありますが、様々な環境の変化によりその良さが見直されており、長崎県においても林業の復活が非常に盛んになっていることからその現況は好転しつつあるのです。