アルメニアの木材市場の現況(2018)

アルメニアは世界最古と言われている文明が発祥した場所として有名で、人々から信仰を集めている教会などは木材を使用して建築されています。教会以外にも多くの建物は木造建築のため、人々は古くから木材に慣れ親しんでいるのがアルメニアの特徴です。旧ソ連から独立した国の一つで、国土は日本の13分の1ほどの広さに約300万人が生活しています。国土の大部分は山岳地帯となるため、木材を生活に利用することが多いのがアルメニアの特徴です。森林資源が多くある広い山岳地帯が国土全域に広がり、森林を管理する行政は大きく分けて2つになります、1つは日本で言う農林水産省で、森林資源は林野庁による管理です。自然保護省と呼ばれている行政機関も管理に当たり、森林資源の違法伐採などを確認する環境監督部局が設置されています。自然エネルギーが乏しいアルメニアは、森林資源を豊かにするため適切な管理と開発を行ってきました。山岳地帯に広がる森林地帯を更に豊かにするため、科学的に立証しながら管理と維持に努めてきています。アルメニアでは違法伐採が多く発生していたため、木材市場の成長に大きな損害を与えてきました。木材市場などに出回る違法伐採された木材などの数を正確に把握するため、適切な管理方法などが計画されています。2018年においては、地域の林業の発展に力を入れているのが現状です。木材市場の発展には、今まで以上に機械化を進めることが必要になります。機械の導入が遅れてきていたため、木材市場の活性化が遅れていたことも現状の一つです。アルメニアは人口が増え続けていましたが、近年は一定の状態を保っています。建物の多くが木造で建築されているため、安定して住居を提供するためには木材が必要です。違法伐採などを的確に監視し調査なども進められてきていますが、需要よりも供給量の方がはるかに大きくなっています。そのため、アルメニアでは森林面積が徐々に減少してきているのも現状です。国内の森林資源だけでは足りず、木材市場の活性化には海外からの輸入なども必要になっています。