ベルギーの木材市場の現況(2018)

ベルギーの国土に対する森林面積は、全体の約23%ほどの広さになります。全体的に平坦な地形で、開発が進んでいるのがベルギーの現況です。開発が進み人口が増加している都市部でも、近くに公園などがあるため緑は比較的多くなります。都市部には公園などがあるため緑はありますが、人口が増加している地域と隣接している場所は森林などがほとんどない状態です。開発が進み緑が少なくなった都市部とは違い、山岳地帯には森林資源が多く残されているのもベルギーの現況になります。森林面積は他のヨーロッパ諸国と同じか小さくなりますが、管理が行き届いているため木材市場は豊かです。ベルギーの森林資源に対する考え方は、日本の明治時代頃から知られています。木材などを利用するため乱獲が進む他の国々とは違い、ベルギーでは森林資源に対する管理が行き届いていました。木々を守るため、法律により乱獲などに対する監視など行っているのが特徴です。一度破壊された林などは、元の状態に戻すまで気の遠くなるような年月を必要とします。そのような状態にならないように、戦前から森林資源の管理をしっかりと行い継続的に利用できるようにしてきました。継続的な利用を目的に法律を作り管理してきているため、森林面積が少ない割に木材市場が縮小することがありません。ベルギーでは乱開発などを防ぐ法律などが整えられているため、森林を伐採し農地などにされてしまう心配がありません。ベルギーの首都であるブリュッセルでは、人口増加に伴う住宅などの整備が進められています。アパートなどに使う材料として利用されることが多いため、2018年になってからも木材市場は成長を続けているのが特徴です。新築物件だけではなくリノベーションも盛んに行われているため、部屋の内装などに使うため木材の需要は伸びています。都市部における森林資源は縮小してきていますが、公園や道沿いなどには多くの街路樹などが植えられているの現況です。国民が木々と触れる機会が多いベルギーでは、2018年になってからも適切に管理されているのが現況になります。