アルバの木材市場の現況(2018)

アルバは、西インド諸島の南端部、南米ベネズエラの北西沖に浮かんでいる面積193キロ平方メートルの島です。2世紀近くオランダの植民地支配下にあり第2次世界大戦後オランダ領の自治区として分離し統治下におかれています。島の大半は砂漠化しており、降水量が少なくサボテンが生えているのです。所得税が最大58.9%というインフラ整備と高い教育水準で世界でも裕福な国として知られています。観光や石油精製や木材市場の輸入の中継地として産業が発展していることが住民の収入を大きくしているのです。

 

輸入家具でアルバブランドのソファーなどは有名でウォールナットの自然な味わいが世界中でアルバの名前を有名にしておりヨーロピアンテイストが味わえることで知られています。日本でもアルバの家具は人気が高くアウトレットセールでも必ず出品されています。カリブの国が意外に裕福なのは租税の問題や、地理的な位置関係にもあると考えられているのです。ヨーロッパテイストの家具を巧みに生産できることがアルバの現況を作り出し強みで世界的に知名度があります。

 

西カリブのクルーズの立ち寄り地で貿易が盛んだったため結果的に産業が栄え国民の所得を引き上げることにつながったのです。失業率は低いので住民は優雅な暮らしができるのです。アメリカ国民の避暑地になっており経済的影響度が高く、木材市場も需要の高い家具に使われる白いウォールナットなどが人気の輸出品になっており、アメリカの家具市場をけん引する国でもあります。ヨーロッパ系の白人や黒人とヒスパニック系の住民が多いのも特色で、公用語はオランダ語ですがスペイン語とポルトガル語が混じったパピアメント語がつかわれているのです。

 

アルバには多くのブランドが進出しており多くの宝石店が見られる輸入ブランドが手軽に手にはいる環境より高級家具も需要に基づいて取引が活発になっており、高級原木のマーケットとして現在も活況を呈しているのです。