アゼルバイジャンの木材市場の現況(2018)

旧ソ連から独立したアゼルバイジャンは、カスピ海に面している国の一つです。国土の大きさは、日本の北海道と同程度の広さになります。石油などの自然資源や農業が盛んな国で、アゼルバイジャンの国旗はカフカス山脈などにある森林を表現しているのが特徴です。カフカス山脈を中心として森林が広まり、林業などの木材市場が盛んになっている国になります。コーカサス山脈や中央平原をなどから国土が形成されており、半分以上を山岳地帯が占めているのもアゼルバイジャンの特徴です。山岳地帯には広葉樹林が広がり、豊かな木材市場を作り上げているのが現況です。針葉樹林から伐採されていた木材の多くは、中国の市場へと輸出されていました。中国以外では日本の上位の位置にある国でしたが、輸出量が多く国内の需要が不足してしまうことがでていたのが特徴です。以前は針葉樹林の木材を多く輸出していまいたが、最近はこの傾向に変化が見え始めています。針葉樹林の輸出量が減少し、その代わりに増え始めてきたのが広葉樹林から伐採されている木材です。広葉樹林から切り出され木材として利用することが多くなってきたため、山岳地帯を中心に巨木の減少が見えているのもアゼルバイジャンの現況になります。アゼルバイジャンの住居の特徴は、個人が所有する物件が大変多いと言うことです。第二次世界大戦以前から個人が所有する住宅は数多くありましたが、戦後から増え始めてきたのが木材を利用したプレハブ住宅でした。国民の生活を支えるために建築されてきた木造建築のプレハブ住宅は、修理やリフォームなどをするために木材を使うことが必要です。2000年以降に入ってからは、経済的に豊かになってきたのもアゼルバイジャンの特徴になります。近代的なビル建築などが増え始めましたが、内装などを中心に利用されることが増えているのが木材です。アゼルバイジャンの2018年における木材市場の現況は、国内の需要と輸出などの増加により増加傾向を示しています。