バーレーンの木材市場の現況(2018)

バーレーンは約30ほどの島から形成されており、ペルシャ湾にある国です。石油産油国として有名な国で、多くの国々に原油を輸出しています。国土のほとんどが砂漠地帯となっているため、森林資源は他の国々と比較して小さくなっていいるのが現況です、砂漠地帯以外の国土も、石灰岩などに覆われている面積が多くなります。森林資源に乏しいため、木材市場の現況は2018年においても輸入が中心です。家などの骨格は木材を利用することはあまり多くはありませんが、家具や調度品などを制作するためには必要になります。原油など石油関連製品の輸出が増大する代わりに、国内で使うために木材などを輸入しなければいけません。世界的に森林の面積は減少しているため、保全に関しての国際的な動きが活発になっています。バーレーンではもともと砂漠地帯が国土のほとんどになるため、森林の面積は大変少ないのが現況です。少ない森林面積をこれ以上減ることがないようにするため、国際的な動きに対いてバーレーンも足並みを揃えています。森林面積の減少の理由は、国によって様々な理由になります。バーレーンでは原油などの輸出に頼る傾向が大きいため、自然環境が破壊され森林面積がさらに縮小してきました。森林面積の縮小は木材市場が小さくなることを意味しているため、現況としては減少傾向になっています。森林などの保護は石油開発に関係してくるため、従来まではあまり重要視されてきたとは言えません。世界的な環境汚染が問題になっている現在では、バーレーンでも自然環境の保護を進めていくことが必要です。林などが減少してしまうと、二酸化炭素の排出量を軽減することができません。二酸化炭素などの環境汚染物質を排出していることが多いバーレーンでは、減少させるために森林保護に取り組むようになってきます。家木製の家具や室内などの調度品を作るため、輸入を含めたバーレーンの木材市場は増大傾向になります。