ブルネイの木材市場の現況(2018)

ブルネイは東南アジアに位置する国で、豊かで美しい自然環境が国土に広がっています。国土の面積はそれほど広くはなく、日本国内で比較すると三重県と同じ位の大きさです。それほど広くない国土ですが、豊かな天然資源のある国としても有名な国になります。石油や天然ガスなどと共に、多くなっているのが木材など森林資源です。森林の占める面積はとても広く、国土全体の約50%以上も占めています。豊かな森林資源が国土全体に広がっている国なので、石油や天然ガスなどと同様に諸外国に木材を輸出しいる国です。輸出品目として重要な物になるため、2018年においても木材市場はとても活発な動きになっているのが現況です。ブルネイの貿易相手国で最大になっているのは日本で、多くの木材を輸出しています。木材などと並び石油や天然ガスなどの輸出量も多くなっているため、答案アジア諸国の中では豊かな国としても有名です。ブルネイ国民は所得税などを納付する必要がないので、収入の多くを自分のために使うことができます。自分の住む住宅などに対しても、新築したりリフォームなどの費用として使うことが可能です。豊かな森林資源を国内で使うことも多いため、木材市場は成長をし続けています。ブルネイの国土は、約60%ほどが熱帯雨林の気候です。森林が国土に広がり二酸化炭素の排出量も少ないため、空気が大変きれいになっているのも特徴になります。自然災害などが少なく環境破壊などに対してもきめ細かい管理をしているため、多くの観光客が訪れるのもこの国の現況です。豊かで美しい自然環境は、この国にとっての大切な資源の一つになっています。森林保護区の中には国立公園なども設置されているため、乱開発などが行われていないこともブルネイの特徴です。国立公園内には現地民が住む木造の家屋も多いため、木材需要を大きく伸ばすことに役立っています。日本との友好関係も深いブルネイの木材市場は、輸出や国内需要などに支えられているのが2018年の現況です。