ブルンジの木材市場の現況(2018)

ブルンジは天然資源の乏しい国として知られており、内戦などのためさらに深いダメージになっています。独立戦争のために始まった内戦は、もともと資源が乏しく貧しかったブルンジの経済を押し下げてしまいました。深刻化した貧しい経済を支えるため、各国からの援助活動が行われているのがブルンジにおける2018年の現況です。労働人口の中の約90%ほどは農業に従事していましたが、長く続いた先頭により農地が破壊されてしまいました。農地の破壊と同時に森林資源も壊されてしまったため、木材市場は停滞したり閉じてしまう場合が少なくありません。世界の中で最貧国の一つとされているため、諸外国からの経済的援助を必要としています。内戦が始まる以前から農業が盛んに行われていたので、おもな輸出品はコーヒーなどの農産物です。人口が集中している都市部から離れた地域には、人の手が入っていない美しい自然環境が広がりを見せています。森林などの自然環境がありますが、先頭による破壊などにより交通網などのインフラは壊されたままの状態です。経済的に豊かな国ではないため、交通網の整備まで手が行き届かないのが2018年になってからのブルンジの現況になります。木材市場の活性化のためには、木材などを運ぶことができるインフラなどの整備が必要不可欠です。諸外国からの経済的援助などが進んで行くと、木材市場が活性化していくことが見込まれています。豊かな自然環境が豊富にあるブルンジですが、国民の住居を建築するために必要な木材などは国内だけでは不十分な情勢です。住宅などの建築に必要な木材などの材料は、ほとんどが外国からの輸入品を使っているのもブルンジの現況になります。住宅建築や家具などを作るためには、外国から輸入しなければ需要を満たすことができません。ブルンジに対する諸外国の木材市場の現況は、2018年になってからも輸入品によって多くの需要を補われています。