ベナンの木材市場の現況(2018)

西アフリカにあるベナンは、国旗が示しているように豊かな森林とサバンナのある国になります。日本の国土の約30%ほどの広さの国で。農業などが大変盛んです。ベナン湾は熱帯雨林気候に属するため、一年を通して高温多湿になります。ヤシの木などが生い茂るのが特徴で、ココナッツなどを輸出する国としても有名です。熱帯雨林気候のベナン湾とは違い、国土の北部の地域ではサバンナ気候に属しています。降雨量が少ないサバンナ気候になるため、北部全体は乾燥し森林資源などは乏しくなるのが現況です。ベナンの経済を支えているものは農業で、パームオイルやトウモロコシなどが主要な輸出品目になります。国土がそれほど広くない国になるため、農地を広げるために森林を開発し木材市場は縮小することがありました。しかし、木材はベナンにとっての主要な輸出品目の一つです。森林資源を乱開発し木材輸出を減少してしまうと、国の経済を大きく下げてしまう結果になってしまいます。そのようなことが起きないようにするため、森林資源の乱開発などを防ぐために適切に管理されているのが2018年の現況です。豊かな自然環境は、美しい観光地として活用することができます。美しい自然環境に訪れるためにベナンに訪れる観光客も多いため、森林保護にも力を入れているのが現況です。森林を国によって適切な管理が行われることは、木材市場の現況を押し上げることにもつながります。輸出品として主要なものに木材はなっているため、自然環境を保護し整えることは国の経済にとっても良い材料です。森林を環境破壊や気候変動などから守るために、天然森林資源保護を環境相が担当しています。将来にわたって持続できるように行き届いた管理を行うようになっていることも、木材市場が活性化している理由です。国土に広がる森林と大気などを保護しているため、ベナンにおける木材市場は安定傾向にあるのが2018年の現況になっています。