バミューダ諸島の木材市場の現況(2018)

バミューダ諸島はおよそ53.2kuの国土面積を持つ小さな島が集まって形成される国です。イギリスの海外領土になっていますが、金融や観光が盛んな国で政治的にも経済的にも自立をした権利を有しています。一人あたりのGDPも高くタックス・ヘイヴン「租税回避地」が基本になってるセレブが訪れる観光地としても有名な国です。バミューダ諸島にはピンク色に輝く砂浜などがあり観光で訪れる人を魅了する雰囲気も持っています。美しい海に恵まれた国バミューダ諸島はシュノーケルなどのマリンスポーツが楽しめますが、日本からの直行便は存在していません。そのため、日本からの観光客はアメリカ国内の都市であるアトランタやニューヨーク、ロサンゼルスなどから乗り継ぎをしてバミューダ国際空港に到着する方法をとることになるのです。イギリスの海外領土になっていますので、イギリスのロンドン経由で入国することも可能になっています。バミューダ諸島はカリブ海でも有名ですが、海の透明度が高いだけでなくバミューダのビーチはうすいピンク色をしていることが神秘的で特別な印象を持たせます。海外からも多くの環境客が訪れるバミューダ諸島にはお洒落な宿泊施設が多くあり木造建ての建物も多いのが特徴になっています。バミューダ国内の木材市場は、金融や観光産業が盛んな国としての現状から目立った特徴を持っていないのが現況です。国内から産出される木材は主に国内で消費され、海外向けの輸出量は公表されていないのが現状でもあります。無機質なコンクリート建ての建物に比べ温かみのある木材をふんだんに使用した建物の人気が高まっている中で国内での木材消費量は年々高まってきています。かつての市庁舎を中心に広がる広場周辺の建物も木材にカラフルな塗装を施したものが主流になっています。バミューダ諸島の木材市場はこれからも国内消費が主で、海外への輸出量は平行線をたどることが予想されているのが現況です。