ボネール島の木材市場の現況(2018)

ボネール島はオランダ領になる島で、美しい自然環境などで知られています。カリブ海にある島の中でも、周囲を取り囲むように群生しているサンゴ礁が有名です。サンゴ礁と美しい海があるため、スキューバダイビングなどを目的に多くの観光客が訪れる場所になります。島全体は比較的平坦で、多くのフラミンゴなどを見ることも可能です。美しい海にかもまれている島ですが、年間を通して降雨量が少ないのが現況になります。降雨量が少ないため、乾燥した地域が広がりを見せています。木材市場の状況は、ダイビングなどで訪れる観光客のため比較的好況です。サンゴ礁が美しい海に接している浜辺には、木材を多用して建築されているレストランやカフェなどが多くあります。建物の建築資材として使われていることが多いため、木材の需要は安定傾向を示しているのが2018年に入ってからの現況です。建物の建築だけではなく内装のリフォームや修繕などに使うため、木材市場の役目は重要視されています。住宅などの内外の材料としても使われることが多いので、島全体の需要を賄うためには外国などからの輸入が必要です。カフェやレストランなどだけではなく、一般家庭の住宅でも木材を利用した調度品などをたくさん見ることができます。ボネール島に訪れる観光客の多くは、スキューバダイビングなどを楽しむことが少なくありません。それらの観光客を乗船させる観光船は、魅力度を増すため内装にも凝っているのが特徴です。浜辺などにあるレストランなどと同様に、お洒落な内装を表現するために木材を多用しているのがボネール島の現況になります。建物や観光客などを乗船させる船の内装には、木材を多用しているのが特徴です。多くの場所や建物で木材を使うことが多くなっているため、島の中だけで需要を賄うことはできません。他の場所から木材を用意しなければいけないので、ボネール島の木材市場の需要は上昇していると言うことができます。