ゼロエネルギービルにおける材木の有用性について

ゼロエネルギービルを達成するためには自然エネルギーなどを利用し、一次エネルギーの消費をゼロにすることで達成されることを目的とされ、材木などを利用することによるゼロエネルギーに至るまでの有用性を各方面で模索する必要があります。各国での取り組みはすでに完成の域までに達している場合もあり、日本での取り組みもエネルギー基本計画の中において、近年をめどに新築物件などのゼロエネルギー化を進める目標値を定めました。建築物のエネルギー消費はコミュニティー化する集合体の中における消費エネルギーの分散化ではなく、消費しない方向性を定めたうえで新築物件の建築に取り組んでいるために、自然界のエネルギーを利用できるシステムの開発が進んでいます。取り組みは国の精度や目標、人口の分布など様々な調査への取り組みの中で、すでに建てられた物件においてもゼロ化する方針を近年ベースで定めています。国の取り組みは国民に広く理解される必要があり、十人すべてが同じ環境に向かって進めていくことが大切です。共有されるバランスなどを考えると人口密集地では、建物や乗り物などのエネルギーを分散化させたうえで限りなく消費の少ない関係性を作るとともに、たくさんの人が共有化できる環境づくりにも取り組む必要があります。ゼロエネルギービルへの達成における材木などの有用性を探るために、現存する森林の活用や水や空気、風に至るまでの有益な利用価値を重ねて考えることも大事です。ゼロ化を進めるうえで建築物件はもとより、集合住宅地や地域づくり、町づくりにおいても自然エネルギーを最優先する高度なシステム化を土台にして取り組まなければなりません。太陽などの自然光の利用や熱エネルギーの保持、温度の調節などを自然に基づいた形で行える立地条件や、考えられた建物の位置関係を確立して近年中に目指すゼロ化は加速していきます。現存の限りあるエネルギーの消費を抑え、様々な取り組みにおける省エネルギー化は広く知られるべき課題です。