地球温暖化と林業の関係について

科学技術の開発や研究などによって人々の生活は時間の経過と共に利便性が高くなり、地球から採取されるさまざまな資源を活用することによって人類は生活の快適性を高め続けてきました。特に産業革命移行は石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料を採取して大量に燃焼することでさまざまなエネルギーに変換してきたのです。その結果温暖化ガスの濃度が急激に上昇して、地球温暖化が急激に進み続けてきた事実を生み出してしまいました。
限りある地球資源の枯渇を生み出すリスクだけでは無く、地球温暖化を進めて生態系を大きく壊してしまったり、人類や生物が生きていく恵まれた環境の地球自体が壊れてしまう可能性を生み出してしまった温暖化は、世界中でその改善が急務として叫ばれているのです。日本においても2002年の京都議定書の批准によって約束期間に温暖化ガスの排出量を削減することを約束しており、温暖化ガスが排出される原因を削減していくことと同時に、排出されたガスを吸収できる環境の整備が急務として求められています。
地球温暖化の原因の一つには温室効果ガスの排出が挙げられ、空気中の二酸化炭素濃度が高くなっていることも大きな原因とされています。森林にはそれらの二酸化炭素を吸収して酸素へと循環するプラスの効果がありますが、日本では温暖化ガスの削減に関して森林の二酸化炭素吸収機能に依存している現状もあるのです。
しかしながら日本の林業に関しては、海外からの資材が低価格で輸入されている状況の中で価格競争が発生し、収益性が悪化していく中で経営が成り立たずに衰退している林業関係の業者が増えている現状があります。林業の業界不況が長引く中で手入れや保全が維持できない森林が増えており、荒廃が進んでいる状況があるのです。
そもそも日本はその領土の7割近くが森林で構成されているために、地球温暖化を抑止するために温暖化ガスを削減するためには、日本における林業の充実は欠かせない関係になっています。森林が整備されて大気中の過分な二酸化炭素を吸収してくれることによって、酸素へと循環がなされる森林の機能は地球温暖化の高い抑止効果が期待されているのです。