英領バージン諸島の木材市場の現況(2018)

英領バージン諸島は、欧米のタックスヘイブンで有名な租税回避地での役割を終えようとしています。バージン諸島では、税関係の個人及び法人情報がすべて政府のデータベースに登録されることが義務付けられ、海外からの口座開設・管理の「オフシェア銀行業務」が廃止されます。所有権の関連情報は、イギリス政府と共有されます。

 

長い期間租税回避地として利用されており、中米の貿易拠点・リゾート地としてヨーロッパ風の街並みが綺麗でアメリカ・イギリス・オランダなどの富裕層のリゾートで発展してきた関係でとても貿易関係の経済が活発な所です。

 

木材関係も輸出入の船舶の中継地として木材市場が活発に行われてきた経緯があり木材市場も世界中の木材が集積してアメリカやヨーロッパ・アジアなどの消費地に運ばれており現況も活発な取引が行われています。租税回避地としての利点が船主はじめ取引きに密接に関連してきていることから、今後「オフシェア銀行業務」などが無くなった場合の影響が心配されています。リゾート地で、高級家具などの製造も手掛ける店があり、ここから輸出される木材製品は高級品と評判です。島の半分以上が国立公園と言う、大自然に恵まれた土地を、クルーズベイと呼ばれる貿易に使われる港があり、町の中心街は古き良きヨーロッパの街並みが再現されたような光景で、ブランド商品が似合う町です。

 

リゾート施設が整っており、今後も貿易で木材市場は、世界的に有名ですから今までと同じように盛んに取引がされる場所だと考えられますが、木材を出している国が、消費地の木材市場に直接持ち込むことも考えられており貿易の形態がどのようになるかは大きな関心が出てきています。関税をかける動きがアメリカなどで加速しておりその影響が出ることが予想されます。英領バージン諸島の他にアメリカ領バージン諸島もありますので中継点での木材市場が、どのようになるのかは世界の関心が集まっています。