クロアチアの木材市場の現況(2018)

クロアチアは、バルカン半島に位置して自然に囲まれた国です。ヨーロッパのヨーロッパオーク・ホワイトオーク。」・ブナなど広葉樹の産地で有名です。ヨーロッパ調の家具などの原木で需要があります。南東欧諸国は、高い経済成長を背景に高所得者や中所得者層が拡大して消費市場での魅力が増しているのです。特に、ヨーロッパを代表するホワイトオークやブナの原木は木材市場では人気があります。当然木材市場は現況活発に推移しているのです。

 

日本でもホワイトオークでつくられた家具は、ヨーロピアン家具で高級だとされています。輸入住宅でのヨーロッパ産の木材は人気があることからクロアチアは木材の輸出国で木材資源が豊富な為、製材・家具製造が将来性が高く、今後ますます木材市場が活性化することが期待されているのです。2012年クロアチアは、EUに加盟を決めておりまさしくヨーロッパの一員として経済発展をめざしていくことになりました。木材は、ヨーロッパでの需要が見込めます。EU加盟で国境なく自由貿易ができることから需要は増しており、森林資源が豊富で違法伐採などもこれまでないことから原木の供給がこれからも増えることが予想されています。昔からクロアチアは、家具の製造が盛んであることからヨーロッパ圏内はもちろんアジア諸国やアメリカ市場への供給が期待されています。オーク材で加工された家具、特にホワイトオークは木材の質がいいことから市場では高値で取引がされます。ブナ材などの住宅向けの資材も木材市場では人気がある材木になります。丸太の取引が主で、日本の輸入は、クロアチアでは広葉樹のが1439?で1439千円になっています。今後の取引は、EU諸国としての貿易が活発化することから原木の輸出も増加が期待できます。国内の需要よりも高級家具の市場が活発であることからクロアチアは、原木の産地としてヨーロッパでは期待されている国となります。ホワイトオークの家具としての有利さが活かされればいいです。