エルサルバドルの木材市場の現況(2018)

エルサルバドルは元来コーヒー等の産地として非常に有名な地域ですが、その他に目立った産業はなく特に林業についてはコーヒーの木以外は生産されていない現状がありました。しかし近年では世界的にチーク材が不足している状況を鑑み、人工的に地区の林を設立しこの木材を世界各地に輸出することで林業が非常に盛んになっています。
チーク材は天然の林は東南アジア地域に多いのですが、木材として非常に木目が美しくまた堅牢であることから世界中で利用されており、天然の木材の減少が大きな問題となりつつあります。東南アジア地域でもその現象を防ぐために様々な対策を講じていますが、需要にその供給が追いつかないような状態が続いており、東南アジア地域の事生林だけではチーク材の林自体がなくなってしまうと言う危機をもたらしているのです。
そのため世界的に人口のチーク材の林を設立する方向が世界的に広まっており、アフリカ地域や中南米地域でも積極的に地区の苗を植え人工的に林を作って木材を生産することが行われています。エルサルバドルのコーヒー以外の主要産業としてチーク材を栽培して木材市場への参画に乗り出しており、その要求量が非常に増える傾向にあるのです。2018年の現況でもこれまでの生産量を上回るチーク材の生産を行っており、現在はエルサルバドルの主要産業と言う意味で非常に重要な位置づけとなっています。
これまでエルサルバドルはコーヒーの産地として非常に有名でしたが、文化の発展により様々な工業が発達する反面、コーヒー農園も以前に比べて減っており、農業自体が衰退する傾向にあります。その中でチーク材の栽培は国内産業を活性化する非常に重要な要素となっており、エルサルバドルの中では貴重な輸出産業に発展しつつあるものとなっているのが特徴です。そのため政府も非常に力を入れており、今後もその供給量は高まる傾向にあるほか、その他の様々な木材に関しても効果的な栽培を模索している状況にあります。