東ティモールの木材市場の現況(2018)木材市場

歴史の教科書にも度々登場する様子からよく知られている東ティモールは、古くから貿易が盛んに行われてきている国であり、盛んな貿易は今日においても継続し東ティモールはもちろん、他国にとっても重要な貿易国として認知されています。
そのような東ティモールが行っている様々な貿易において欠かす事ができない重要な物が木材であり、巨大な木材市場により国が成立し他国も多大なる恩恵に授かっているという現況です。
ただし、世界を見渡してみると同様に木材市場が自国と他国の双方に重要な役割を有している国々というのは存在しているのですが、東ティモールの独自性が高いのは特有のお国柄が影響しています。
国名を耳にした際多くの方がイメージするのは世界的に見ても巨大なコーヒー豆の産地であるという事であり、今日のようにコーヒーブームがより一層際立っている状況では尚更です。
コーヒー豆というのは非常にデリケートであり、環境に大きく左右されてしまうため単に広大な豆畑を確保し、豆の栽培をしていれば育つというものではありません。
他の箇所に比較して1日の中で少しでも日陰になる時間が長くなってしまう場合には、一部分的に風味が損なわれてしまうため一時的な様子のみではなく、しっかりと長い目で見て木々の剪定などを行う必要があります。
そのため、他国であれば生えている木々を伐採するという行為は森林破壊であるという理由から反発の対象にされてしまいますが、東ティモールについていは大きな産物であるコーヒー豆の育成に悪影響が生じ、結果的に自国の損失に繋がるという理由から伐採に際して取り分けて反発が生じる事はありません。
また、日陰が生じてしまうだけではなく常に太陽光が降り注ぎすぎてしまう事もコーヒー豆には良くないので、あえて日陰となる木々を植えて調節をする事もあります。
そのようにコーヒー豆という主要産業に寄り添って木材の伐採や植樹が行われるため、東ティモールの木材市場は安定的で非常に効率的です。