フィンランドの木材市場の現況(2018)

フィンランドは、木材が豊富なところとして知られています。木材市場が非常に盛んになっており輸出国として有名になっています。基本的に、フィンランドの木材を輸出する場合には住宅建築をする場合に用いられることが多くなっているのが特徴です。例えば、ヨーロッパの都市部の住宅等を建築する場合には、その国の木材を使うことがありますがある程度緑がないところでなければ自給自足をすることができません。これは日本の現状と同じような形になります。
フィンランドなどの木材の利用に頼ることになるわけですが、現況などを見ると昔に比べると減少している傾向があります。輸出が減少している理由としては、ヨーロッパの経済発展の停滞にあります。世界的な不況が起きたのは、最近で言えばアメリカのリーマンブラザーズが破綻したことでしょう。リーマンブラザーズは、2007年に破綻しましたがその影響を受けているのがヨーロッパの国々になります。住宅の建築自体が滞ることにより、結果的に木材の輸出なども減少してきました。このような理由から、近年はあまり木材が異質されていない傾向があります。ただ、2015年ぐらいになるとリーマンショックの影響もかなり和らいできたことから直接的にリーマンショックの影響受けるような事は出てきていません。
このように考えれば、現在のフィンランドの輸出は校長のように思われます。ですが、今度はヨーロッパのイギリスがEUから離脱を宣言しイタリアに関してはデフォルト寸前まで行っています。それ以外でも、不景気の国々が増えてきているため、1階に輸出がうまくいっているとは言い切れない便があるでしょう。比較的、木材市場に関しては景気がよかったところですが再び景気が下がり始め様々な問題が発生している最中といえます。ただ、ヨーロッパの中でもオーストリアなど比較的木材の消費水準が高い国がありそのような栗がある限りは一定の輸出を続けることができると言っても過言ではありません。