フォークランドの木材市場の現況(2018)

フォークランドはアルゼンチンの領海に存在する島の集まりで、現在はイギリスの統治下に置かれイギリス領となっていますが、元来はアルゼンチンの領土となっていたことからイギリスとアルゼンチンの様々な領土問題の対象となっており精神的に不安定な要素含んだ地域となっています。小さな島の集まりであることから工業を中心とした第二次産業は決して発展しているものではなく、その経済的な恩恵を本国であるイギリスから受ける状態が続いているのが現状です。そのため経済的な発展を自力で行うための能力や国民性は持っていない面があり、その特徴から観光やその他の産業が国を支えるための重要な部分となっているのが実態です。
その中で休診でほとんどの島で森林地帯が広がっていることから、木材の収穫や輸出は比較的盛んな産業となっており、国の経済を支える重要なものとなっています。2018年の木材市場の現況においても従来に比べてその算出量が増えており、安定した林業を行っている傾向があるのです。
オークランドはこれまで小さな島が集まる諸島と言う位置づけであるため観光に依存する要素が強かったのですが、フォークランド諸島の住民からこれまでのように本国の経済を頼るのではなく、自立した経済活動を行う必要があるとの提言もあり、熱帯地域亜熱帯地域で算出される高級木材を積極的に生産するようになっています。その理由の1つとして国土が狭く様々な経済発展を行うための国土の利用は決して簡単ではないと言う点が挙げられています。
しかし、将来的に独立の可能性のあるこの諸島に置いて生産性が低い事は大きなトラブルを招くと言う考え方もあり、家のメリットを生かして人口な林を作り材木を生産して海外輸出することが頻繁に行われるようになりました。今日の特性上非常に価格の高い木材を容易に生産できるようになり、世界から良質な木材を算出できる地域として非常に注目されるものとなっています。