フランスの木材市場の現況(2018)

フランスでは、木材の輸出が中心に行われています。木材の輸出のうち日本に来ることも多く、それ以外の国にも輸出されている傾向がありますが決してその量が多いわけではありませんどちらかといえば針葉樹林がよく輸出されており、海外の住宅の建材などになっているのがポイントになります。ただ、木材市場などの現況を見てみると、海外の輸出品目の中では決して多いとは言えません。おもな輸出品としては、航空機や宇宙飛行タイなどが多くついで農産物加工品が多い傾向にあります。木材を外国に売る量としてはそれほど多い傾向はなくどちらかと言えばヨーロッパのほかの国々に比べても少ない傾向が見受けられます。
このように、外国に売るの状況を見てみると決して多いわけではありませんがリーマンショックによって大きな影響を受け過去に比べると2018年の輸出はやや減少気味です。とはいえ、リーマンショックが起きてからすでに10年以上経過していますので決定打ともいえるものではありません。このように考えると、どちらかといえば外国に出す量は減少はヨーロッパ地帯の不景気にあるといっても過言ではありません。2018年のヨーロッパを見回すと、ギリシアだけでなくスペインなども景気の真っただ中にあります。ドイツは比較的良好ですがそれ以外の国々との関係を見ても外国に売る量が減ってもおかしくない自由がたくさんあるわけです。
ただ、世界はヨーロッパだけでなく日本などもありますのでこのあたりの輸出をどのようにするかが今後の木材市場が変わってくるといえるでしょう。また、木材自体は輸出ではなく内需を拡大させる意味においても重要な役割を担っています。例えば、国内の住宅を建築するとき外国からの輸入に頼るのではなくドイツでとれた木材を使用するなどの対策を立てることにより、結果的による木材を積極的に利用することができるようになります。このように、世界情勢を見ながら時代とともに状況が変わってくる流れを理解しておかなければなりません。