フランス領ギアナの木材市場の現況(2018)

フランス領ギアナは南アフリカ北東部にあるフランス領で、地域のほとんどは森林地帯であるため農業は盛んではなく、沿岸の休業等を中心に住民が生計を立てている地域となっています。森林地帯が多いことから木材の生産は比較的盛んで、紫檀、黒檀、マホガニーといった高級家具や楽器などに使用される木材が算出されることから重要な資源となっているのです。
この地域は元来南アフリカの原住民の住む地域として古くからの漁業を中心とした産業が盛んでしたが、文化水準が低いため海外に積極的に輸出すると言うものではありませんでした。
フランス領となったきっかけは1604年の当時のフランス国王の指示によるフランス人の入植をきっかけとして徐々に西側諸国の侵攻が始まり、やがてイギリスやオランダの侵攻を始めたことからこの領土を分割したことから正式にフランス了としてその1部が認知されたことによります。その後多くのフランス人がこの土地に入植し、やがてフランスの文化を引き継ぐようになりましたが、本国から遠いことや国土の大半が森林と言うこともあり、産業や経済的な発展には至っていない実態があります。
その中で木材市場は高級な材木が採れることから世界の中でも有数の産出地域となっており、特にその木材が非常に高い価値を持っているものが多いことから地域の経済の重要な位置を占めるものとなっています。2018年の現況においてもこれらの高級な木材の産地として非常に有名な地域と位置づけられており、木材価格の高騰もあって非常に算出量を増やしている地域となっています。
この地域の特徴は一般の国々が木材の産出を減らす方向にある現場にあって、オフに高級な木材が生産できることからその生産量が非常に増えており、また世界中に輸出していることから世界レベルでの地位を高まりつつある傾向にあります、そのため、木材市場の現況は非常に好調で、年々産出量を増やす傾向にあるのです。