ガボンの木材市場の現況(2018)

ガボンの木材市場の現況は良好です。
ガボンは中部アフリカの共和制国家で産油国でもあります。
アフリカ諸国の中では国民所得が高く、資源も豊富です。
現在は石油に依存していますが、林業も有力な産業のひとつになっています。
ガボンでは改革が続き、新しい森林法が発効されています。
森林はガボンの経済的な発展にとって重要な柱のひとつです。
森林開発と森林製品の輸出が進められ、政府は需要を満たす森林を組織化するシステムを導入しています。
ガボンの場合は森林の破壊率が低く、健全な林業が可能です。
保護地域の管理が未熟なため、効率のよい経営が求められています。
ガボンは中国の協力により大きな利益を得ています。
経済的に苦しい時期に支援をしていたのが中国で、現在でも良好な関係です。
中国はアフリカとの協力を強化し、2020年までの貿易額は4000億ドルになると予測されています。
貿易額が向上することでアフリカ諸国は弱いインフラを強化することができます。
ガボンは発展のチャンスをつかみ、中国との貿易額は1兆CFAフランに達します。
2016年には経済振興計画を発表し、国内の林業企業にFSC認証を取得するように要請しています。
森林の価値を見出して大きな進歩を遂げていますが、品質の高い製品を作って市場シェアを高めるためには課題もあります。
広大な伐採件所有地の1割以上でFSC認証を取得しているガボンは日本との関係も深いです。
日本は石油や木材を輸入し、自動車や建築用の機器などを輸出しています。
中国からの支援が広く知られていますが、日本も技術支援や資金協力を行い良好な協力関係があります。
アフリカ産の木材はヨーロッパや日本で人気が高いです。
緑豊かな国の木材は日本でも様々な場所で活用されています。
日本は海外からの木材輸入量が多く、これからもその傾向は続くと予測されています。
木材市場は活発になっているので、これからもさらなる発展が期待されます。