ホンジュラスの木材市場の現況(2018)

現在のホンジュラスの森林伐採は、もっぱら価値の高い樹木を伐採することが多いため、国全体の森林の保全がアンバランスになっている傾向があります。このため、木材市場の現況は、ホンジュラスの国の法律に従って合法的に取引されている市場と、それ以外、つまり非合法的な取引が現実に存在することも確かです。このことから、ホンジュラスの木材市場は、過剰な森林伐採によって資源が枯渇する可能性があります。こうしたことを避けるためには、土地の管理が欠かせませんが、ホンジュラスは国をあげて造林や市場調査、製造や販売を行うプロジェクトを実施することを決定したため、今後はこうした懸念が解消される方向に向かうでしょう。木材市場の現況は、マホガニーやスギなどを主に伐採してきましたが、これらの種類のみを扱ってきたことによって、生態系に対する懸念やビジネスなどの利潤にも影響を与えている現況があります。この先もホンジュラスにおいて持続的に木材市場を発展させるためには、一番の課題として森林の管理が挙げられるわけですが、このことについてもホンジュラス政府のプロジェクトはさまざまな樹木を生産させ、これまで少なかった樹木の種類をさらに多様化させることで木材市場環境を改善させる試みを示しています。また、現況の木材市場は、これまで使われてこなかった種類の樹木を活用させるために、環境管理だけではなく、市場の構造改革にも力を入れている現況です。これは、木材の生産をバランス良く行うことによって、経済的にもメリットがあることを意味しています。ホンジュラスの各地域にとっても木材市場は欠かせないビジネス手段になっており、今後も森林保全や木材生産の改善がなされることは重要です。総合的に見ると、ホンジュラスの木材市場はこのプロジェクトに多大な影響を受けているため、市場の現況は決してネガティブなものではなく、生産量の拡大や利益にも繋がっている現状があります。