ガーンジーの木材市場の現況(2018)

ガーンジーはイギリス海峡のチャンネル諸島に存在するイギリス統治配下の地域となっていますが、独立国の性質も持っておりイギリス女王配下の統治地域として独特の存在となっています。しかしその地域の特性から産業はあまり盛んではなく、観光収入が非常に重要な財源となっていることから農業生産や工業生産など様々な面において経済的な貢献をしていないと言う特徴を持つ地域です。
木材市場の現況は現在のところ目立った産出量ではなく、多くの木材を輸入に頼っている実態があります。貿易面でもイギリスのルートを利用している側面が多いことから、地域内で使用する木材のほとんどはイギリス経由で輸入されたものがほとんどとなっている実態があるのです。
気候は比較的内陸部特有の温暖な気候であるため、一般的に使用される木材は非常に加工しやすいものが多く、寒冷地のような特殊な木材などを利用する需要があまりないことから特徴的な輸入品の品目は特にありません。そのため様々な木材の中から自らの用途に移行ができなものを選んで使用する風潮があり、また地域性から美しい木材を使用する傾向も非常に強くなっています。
工芸品なども主な特産品となっていることから、これらの工芸に利用する木材もその大半が輸入に頼っていることが多く、そのために木目の美しいものを好んで使用する傾向があります。一般的にこれらのものは価格が非常に高いため、木材の輸入量の中では比率が少ないものの、その費用は比較的高額になる傾向があり、実際の輸入量と価格の比率が異なる点もガーンジーの木材市場の特徴となっているのです。
ガーンジーの木材市場の現況は多くの国が自らの生産品と輸入品とのバランスが保たれているのに対し、自らほとんど生産を行っていないためその大半を輸入に頼っているのが実態です。そのため国内での木材の価格は比較的高く、機能性の高いものや芸術的価値の高いものは一般庶民はなかなか利用することができないのが実態となっています。