ガーナの木材市場の現況(2018)

チョコレートを生成するために必要不可欠なカカオが上質かつ多量に得る事ができるのがガーナであり、そのようにカカオの栽培に適している環境下であるからこそ、森林にて得られる木材の質も高くガーナの木材市場は年々需要の高まりを見せているのが現況です。
かつては金が採取された事でその名を知らしめたガーナは現代ではすっかり木材市場の雄といった存在感を示しており、木材市場により国が成立しているという様子はガーナで取り扱いされている切手のデザインからも見て取れます。
切手のデザインに採用されるほど国の産業として欠かす事ができない存在になっている木材市場を牽引しているのは、優れていて需要が高いのにも関わらず他国では栽培するのが難しい木材が得られるためで、中でもガーナ語で燃えない木という意味合いを有しているIrokoという種類はその名の通り非常に耐火性に優れています。
そのため、取り分けて耐火性を高くする必要がある住宅などに安定的に高い需要を有していますし、大火災により1666年に甚大な被害をもたらしたロンドンでは、今日においても住宅を手がける時の内装に用いる木材はガーナ産に拘られているほどです。
また、耐火性が強いのにも関わらず油脂性が高いという長所も兼ね備えているので、高い油脂性に伴い水が付着しても水分が浸透せずに弾き飛ばす事ができます。
そうした水に強いという特性を活かし、絶え間なく飛沫を受けるボートや船舶では欠かせない木材として重宝されており、ボートや船舶を手がけるメーカーからの需要も木材市場を活性かつ安定的にさせている所以です。
さらに、ゴム製品を手がける時に用いるラテックスは化学物質を使用して生成するのが一般的ですが、木材の中には天然由来のラテックスが含有されているため、木を素材にしてゴムを作り上げる事もでき一言で木材とは言っても非常に用いられている現場が多いからこそ、ガーナの木材市場が安定的かつ成長し続けている理由です。