ジブラルタルの木材市場の現況(2018)

ジブラルタルでは木材の生産が盛んと言うイメージはあまりありませんが、実際には日本においても非常に重要な木材を生産しています。これはトネリコと日本で呼ばれている木材で、この地域の特産となっており、寒い地域に生息する非常に木目の詰まった頑丈な木材です。一般的には工芸品のほか野球のバットやその他の細く硬い柱等を作る際に使用されており、木目が美しいことと目が詰まっているため重く頑強なことが特徴となっています。
さらにウォールナットなども生産されており、この木材も比較的重く目が詰まっていることから様々な場面で使用されており、重宝なものとなっているのが特徴です。ウォールナットの多くは家具などに利用されることが多く、木目が非常に美しく高級家具の美しさをさらに引き立てるものとなるため広く利用されています。
ジブラルタルの木材市場の現況は世界的な視点から見ると決して大きなものではありません。しかし良質な木材を生産していることからその世界での需要は非常に多く、供給が追いついていない状態が続いているため重要な産業となっています。様々な用途に利用されることも多いためその特性からとても価格が高く、建材に利用する場合にも重要な部分に利用されることからその価値はとても高いものとなっている点がポイントです。
トネリコは木目が詰まっており重いため建材に利用する場合にはその重量に耐えることができる場所に使用しなければならないため、現代の建築においては中心となる柱やその他の重要な部分に使用されることが多くなっています。またウォールナットは木目が特に美しいことから化粧板に利用されることが多く、一般的な住宅ではなく特殊な注文住宅等のアクセントとして利用されることが多いのです。ジブラルタルの木材市場はこのように特殊な木材を主に生産しているため決して金額的には大きなものではありませんが、安定して世界に供給を行っているものとして注目されています。