グアドループの木材市場の現況(2018)

グアドループはカリブ海に浮かぶ諸島で、フランスの海外県でフランスと密接な関係にあり、経済もフランスの配下にあります。国土の中には熱帯雨林が広がっており、周辺を海に囲まれているため非常に観光地としての魅力が高く、主要産業としてはバナナとさとうきびが主な生産品となっているのが特徴です。
経済的にはフランスに非常に依存しており、経済を維持するための資金援助もフランスから受けていることから、観光地としての収入以外には主だった収入はあまり豊富ではなく、木材市場においてもあまり顕著な生産品は見受けられません。バナナの木は建材にはあまり効果的なものではないため、グアドループの木材市場を支えるものとはなっていないのが実態です。
しかし、最近では観光客向けに特産品のバナナの新たなモチーフとしてその木材を使用したお土産なども頻繁に生産を行っており、この部分での売り上げも重要な資金となっている側面があります。また特殊な家具や調度品などにはこの木材を利用したものも増えており、その特性から堅牢なものが製造できるため近年では徐々に需要が増えつつある傾向にあるのです。
グアドループは中心部に熱帯雨林が存在しており、樹木が豊富な印象を受けますがこれらは国際的に天然記念物で保護されているため、伐採等が一切できない状況にあります。そのためこれらの樹木を特産品に利用することは禁止されているのですが、最近では1部の領域で木材を生産するための人工的な林を建設する動きがあり、これにより温暖な気候を利用した様々な木材を試験的に成長させています。現況では主要な産業とはなり得ない状態となっていますが、将来的には温暖な気候を生かした様々な樹木を生産する計画があることから、良い自然環境と相まって木材の生産地域となることが期待されています。
グアドループの木材市場の現況は他の地域に比べると消して主要産業とは言えない状況となっていますが、現在では産業の新たな開発なども進んでおり、今後はその動向に注目したい地域でもあります。