ギリシャの木材市場の現況(2018)

ギリシャは古くからモミの木の栽培が盛んで、様々な用途に利用されており現在でもその生産量は世界でも有数の量となっています。日本人の多くはモミの木はクリスマスツリーなどの代表的な木材のイメージが強いのですが、世界的には非常に堅牢な木材で加工も容易なため、住宅を始め様々な建材に広く利用されており、ギリシャをはじめヨーロッパ地域での需要が非常に高いものがあることから重要な資源となっているのです。
ギリシャは観光地としてのイメージが強く農業やその他の物の生産は非常に少ないと思われがちですが、実際には様々なアラームを9時台を生産しており比較的林業の盛んな国でもあります。その中でもモミの木はギリシャの特産品として広く利用されており、ヨーロッパ諸国への輸出も非常に盛んに行われているのです。そのため、2018年の木材市場の現況においてもギリシャのモミの木は非常に好調な伸びを示しており、その特徴を利用して建材だけでなく様々な工芸品にも利用されることが多くなっている特徴があります。
一般的な需要においてはモミの木は現在として利用するイメージがあまりないと言う人も少なくありません。日本では杉の木などが非常に有名であり、これらの需要が非常に多いのですが、様々な場面においてはモミの木も実は非常によく利用されており、その木目の美しさから化粧板などにも広く使用されています。高級家具の木目を引き立たせる部分についてはあえてこの木材の天板を使用することも多く、独特の風合いを醸し出すことから非常に重要なものとなっているのです。そのため、日本でもギリシャから多くのモミの木の木材を輸入しており、様々な高級家具に利用されているばかりでなく、注文住宅の内装などにも利用されることが多い木材です。
その他にもギリシャではオリーブの木などが栽培されており、これらも希少性が高いことから独特な生産品として木材市場に占める割合が大きく、重要な産業となっています。