グアテマラの木材市場の現況(2018)

グアテマラは中央アメリカの北部にある共和制国家で、メキシコを除くと中央アメリカで最も人口が多い国として知られています。
北西の森林はグアテマラにとって重要な収入源で、商業的な木材セクターに資源を提供しています。
グアテマラは内戦が続いたこともあり森林の破壊が問題となっていましたが、現在は森林経営が改善されつつあります。
民間事業と地元のコミュニティによって大きな発展を遂げ、木材市場の現況は概ね良好です。
生産PFEの半分以上はSFM下にあり、PFEは広大な自然林や保護林から成ります。
保護地域のシステムはすでに確立されているものの、管理については情報が少ない面があります。
森林資源の制御と管理を行うために多くの人が努力しています。
グアテマラは針葉樹林の経営経験が豊富で、国際的な資金援助もあります。
日本はグアテマラに対して様々な経済協力を行っています。
二国間のODA実績を見てみるとアメリカを抜いて第1位となったこともあります。
MARNはグアテマラの自然保護と環境の保全活動や天然資源を利用するための環境政策を行い、経済的な制度を整えています。
SIAでは環境天然資源省のもと環境にかかわる情報提供を行っています。
SIAのホームページからは土地の利用図などの情報をダウンロードすることができます。
森林長はグアテマラ国内の森林管理を行うために設立され森林伐採や林産業の増進、森林サービスの提供など様々な活動を行っています。
1996年に和平協定が結ばれますが、それまでは内戦が30年以上も続いていたため、公的な登録がされていない土地などもあり土地所有権の確認が課題です。
森林と土地利用面積の推移をチェックすると心理の面積は毎年減少しています。
グアテマラは世界の中で森林減少が大きい国のひとつです。
環境の保護に力を注ぎ、標高が100mから400mの人工造林では様々な針葉樹が造林されています。
マホガニーは質が良いため人気があります。
政府は民間による植林も全面的に支援しています。