ハイチの木材市場の現況(2018)

日本は木造の建築物も多いですが、毎日使用する日用品でも木製のものは多いです。ですから木材というのは毎日の生活においても欠かせないものにもなっているでしょう。ですがこうした木材は日本国内では足りなくなっているということも多いです。日本国内の木材市場の需要と供給はあっていないということも多いので、足りない木材は海外に頼っているというのが現況です。ですからハイチから木材を輸入しているということもあるのです。ハイチは日本から遠く離れた国で近隣諸国との交流と比較するととても交流は少ないということが言えますが、こうした輸入製品でつながっているということもあります。ハイチにはとてもたくさんの木がありますから、そうしたハイチの木材で日本の木材市場は支えられているといっても過言ではないでしょう。ですが森林をむやみに伐採してしまうとその周辺の環境にも悪影響を及ぼしてしまうこともあるので注意が必要となっています。必要量以外の伐採をしないようにも気を付けられています。また木材を輸入するということは、その木材に付着しているものも外国に輸出してしまうということになります。付着物はすぐに取り除けるものであったり日本の生態系に影響のないものであれば良いですが、今までに日本に入ったことのない生物や成分であったような時は日本国内の環境も悪くなってしまうことが考えられます。ですから輸入する側も輸出する側も注意が必要にもなってくるでしょう。また、こうした市場の状況というのはその時の景気によっても大きく変動するものです。昨年度は高くしか輸入できなかったのに、今年度は安く輸入できるということもあります。もし安く輸入できれば、外国の木材を使う輸入住宅の値段も下がるようなことがあります。輸入品を使って製造するものであればこうした経済状況によって値段も左右されるので、輸入品を使って製造したものを使用する時は経済状況にも注目してみましょう。