インドの木材市場の現況(2018)

インドの木材市場の現況は急激な経済の活性化によって木材の価格の高騰が発生しています。今後もインドの人口の増加に伴って建築素材やものづくりとしての木材の利用が多くなっていくことが予想されるので、価格の高騰が考えられるでしょう。更に最近では工場や一般乗用車の排気ガスや光化学スモッグ等による影響で地方で酸性雨が多発しています。その結果、山に自生している樹木が枯れてしまう被害が発生しています。インドの木材市場は縮小傾向にあるといえるでしょう。そのためインド政府では木材の製品を製造する際には、国外からの輸出も検討しています。熱帯雨林などに自生しているマングローブなどの熱帯樹林は政府によって保護されているので、一定数は減少しなくなりますが酸性雨による影響によって壊滅的な被害を被ってしまうのは時間の問題と言えるでしょう。2017年頃から政府は市民のボランティアを募って植林の活動を徹底しており、工場や一般乗用車の排気ガスなどの問題についても対策をはじめました。そのため数年後には木材市場の縮小も収まる可能性があります。ただし現況では木材市場の縮小が続いているので、インドから木材を輸入することは避けたほうが良いでしょう。木材に関係する建築やものづくりの市場でも景気の低迷が発生しているので、就職する際にも注意したほうが良いです。一方で日本や他の途上国からの輸入が増加傾向にあります。家具や建築資材の中古品なども高く購入しているので、インドに木材の売却や輸出を行うときには有利であると考えたほうが良いです。インドで高価買取できる木材の種類は、杉やヒノキなどの熱帯雨林地方が多いインドでは簡単に手に入れることができないもので、特にヒノキに関しては日本製も物が高く取引されている傾向にあります。以上のことから環境問題によって自国の木材が一定の被害を被っており市場は縮小傾向にあり、輸入品の価格高騰も発生しています。