ジャマイカの木材市場の現況(2018)

ジャマイカでは森林破壊が進んでおり、木材市場や木材の輸出に影響を与えています。
その為、現況ではジャマイカ産の木材の入手に制限が掛かり、ハードルが高くなっているといえるでしょう。
ジャマイカは木材の種類が豊富で、希少なマホガニーなどでも有名ですが、現在の木材市場や現況を考慮すると入手は困難です。
他の高級木材も同様ですから、希少な木が流通する市場ではあるものの、日本にまで流通してこないのが現況です。
ジャマイカを木材市場と捉えること自体が難しく、自然環境の回復と木材市場の活況が望まれます。
1700年代には、ジャマイカから海外に輸出が行なわれていましたが、伐採し過ぎた為に急速に減少してしまいました。
現在、ジャマイカから日本への木材輸出は殆どない状況で、木材市場の詳細な動向を把握するのも難しいです。
ジャマイカで自生、あるいは栽培されていると思われるのは、アボカドやブライアエベヌスに、キリラといった木材です。
また、ウラクレパンやモスキトキソムムと、プルメリア・オブチュサなども生えており、実に多種多様な植物に溢れる状況となっています。
とにかく種類が多く、全てをリストアップするのは不可能ですが、それでも魅力的な市場となることは確かです。
現況を考えるのであれば、やはり森林破壊によって神経が尖っている状況こそ、木材市場現況把握のハードルとなっていたり、輸出入の壁に立ちはだかっていると思われます。
ジャマイカは自然の豊かさと、魅力的な木々が生えている場所ですから、木材市場に注目が集まるのは当然です。
改めて振り返ってみると、現況はあまり思わしくないので、2018年現在において木材市場の詳細を知るのは至難の業です。
今後自然環境に変化が起これば、また違った状況になってくるでしょうが、今のところは将来的に未知数だといえます。
現在は森林破壊の防止に取り組みつつ、観光や鉱業を主要産業として、コーヒーやバナナなどの輸出を行っているので、同国における木材取引の割合はとても小さめです。