モナコの木材市場の現況(2018)

モナコの正式名称はモナコ公国で、西ヨーロッパの立憲君主制国家のことです。フランスの地中海沿岸地方であるコートダジュールのイタリアとの国境近くに位置している都市国家で、世界で2番目に小さいミニ国家とされており、国連加盟国の中では世界最小といわれています。モータースポーツの世界選手権大会が開催される地として広く認知されている他、世界中のセレブから注目されている地として評判を呼んでいるのです。気温は1年の平均で18度を超えており、比較的過ごしやすい気候だといえるのです。
地形は山の地形となっており、豊かな自然が誇りといえます。それを活かした熱帯公園などは大事な観光資源となっているほどで、年間を通して常に数多くの観光客で賑わっているのです。主に観光業が財政の資源となっているといっても過言ではありませんが、木材業も忘れてはなりません。豊かな自然を誇っているため、木材業に重点を置いていることは当然だといえます。木材市場の現況がどうなっているのかというと、温暖な気温という恵まれた気候によって、植物が良く育つという大きなメリットがあり、国内でも大切な産業となっているのです。
モナコでは木材業だけではなく、化粧品製造も大きな産業として確立しています。それに影響を受け、ガラス加工や香水、化学薬品の製造にも重点が置かれているのです。このように主である観光業以外でも、複数の産業が存在することで経済が活性化されているのだといえます。木材業が成り立っているのは、豊かな自然によるところが大きく、自然にあふれている山間部と栄えている都市部とでは大きなギャップがあり、そのギャップもモナコの魅力の1つだといっても過言ではありません。木材業だけではもしかしたら十分な財政源だとはいえないかもしれませんが、モナコにとって必要な産業であることには変わりはなく、観光業や化粧品製造と共に重点を置かれている産業となっているのです。