マダガスカルの木材市場の現況(2018)

マダガスカルの木材市場の現況では、違法な伐採が行われており、いわば違法伐採の取り尽くしが横行しているという劣悪な環境にあることをまずは明記しておかなければなりません。この状況というのは、マダガスカルの不安定な政治状況と密接に関わっており、それが無秩序を生み出してしまっており、結果として森林の管理が徹底して行われない状況を生み出していると言っても過言ではないのです。こうした状況が生まれた背景にあるのは、政府の失政による影響が大きいために、森林管理が徹底して行われていない状況が発生しています。マダガスカルというのは生物学上、希少な木材資源が多い国として長年研究者から注目を集めてきましたが、ここ数年でその希少な気が違法に伐採されるという自体が発生しています。情勢不安によって、この国の希少な天然資源は管理が行き届かなくなっており、結果違法伐採の横行を招くことにつながっているのです。国内には森林保護区が設けられて入るものの、ここ最近の5年間において35万本もの木が森林保護区内にて違法に伐採された後に、中国やマレーシアと言った国へと違法に輸出されていきました。国内においては貧困や汚職がはびこっており、それらがこういった無秩序を引き起こす要因となっていることがわかります。マダガスカルは国内にいくつもの森林保護区を設けて入るものの、その保護区の機能を果たすこと無くその地域内において違法伐採が横行し、貴重な木々が有無を言わさずに伐採されて取り尽くされる危機にひんしているのです。違法伐採によって荒らされてしまって森林保護区は、適切な管理を行うものが不在であることから、こういった荒らされてしまった森林保護区が完全に森として回復するまでにはかなりの時間を要することが報告書などで指摘されています。マダガスカルの固有種としてローズウッドやエボニーがありますが、これらの木は希少種であることから大変人気が高いです。