マルチニーク島の木材市場の現況(2018)

マルチニーク島とはフランスの海外県の1つで、カリブ海に浮かぶ西インド諸島にあるウィンドワード諸島に属する島を指します。カリブ海を隔て、東側にドミニカ、南側にセントルシアが位置しているのです。かつてコロンブスに世界で最も美しい島だと言わせたほどの美しい景観を誇り、海外セレブがゆっくりと休暇を過ごす場所の穴場といっても過言ではありません。
このマルチニーク島の経済の中心となっているのが、農業と観光業です。農業ではバナナやパイナップルなどが盛んである他に、砂糖やラム酒なども有名で、観光客の土産として定着しています。しかしながら、残念なことに島の住民の生活を潤わせるには不十分な収穫量であることは否定できず、フランス本国から食料や日用品を輸入しなければならないのです。島内では十分な仕事がないということもあってか失業率の高さも特徴で、フランス本国へ出稼ぎへ行く住民が多いことも事実といえます。
このようにマルチニーク島では十分な財政確保が難しいと思われますが、農業と観光業の他に木材業を行っているのです。過去に大きな噴火を起こした火山が島内に存在しており、マルチニーク島は火山島の地形となっています。木材市場の現況がどうなっているのかというと、温暖な気候に恵まれているため熱帯林が茂っており、植物がよく育つという利点が挙げられます。緑豊かな島として知られており、住民にとっては十分とはいえないかもしれませんが、木材を他へ提供する産業も行っているのです。
豊かな自然はこの島の財産ともいえ、バナナやパイナップルなどの農業を行うことを可能としています。決して十分な収穫量ではないかもしれませんが、それでも住民の生活の一部となっていることは確かなのです。温暖な気候は植物にとって大きな味方となり、今後も住民が木材市場を行っていく上でサポートしてくれるといえます。そして、少しでも住民の生活が潤うよう、様々な産業の力となってくれるでしょう。