モーリタニアの木材市場の現況(2018)

モーリタニアの木材市場の現況はそのほとんどが輸入に頼っており、屋内で木材が生産される事は非常に少ない状態となっています。近年は近代化が進み様々な産業が先進国の支援もあり急激に発展していますが、木材についてはモーリタニア特有の地形が大きな障壁となっており、効果的に生産することがなかなかできない状況が続いているのです。
モーリタニアはもともとはフランス領として栄えた地域ですが、国土のほとんどがサハラ砂漠となっており、農耕地や森林地帯は南側のセネガル川流域や砂漠の中に点在するオアシスだけが1部農耕地として利用できる地域となっていますが、その割合は国道全体の10%にも満たない状況となっているのが特徴です。さらに近年ではサハラ砂漠の拡大が問題となっており、人々が生活できる地域がさらに狭まっていると言う状況があるのです。
モーリタニアの主な産業は鉄鉱石の算出が中心となっており、さらに近年では近隣の海域で油田が発見されたことで国内産業の活性化が見込まれましたがそれは石油の産出は伸び悩んでおり、モーリタニアの経済を支えるものとは至っていないのが実態です。
モーリタニアは国土の大部分が砂漠であるため様々な発展途上国で見られる森林地帯が殆どないため、木材の生産はほとんどできない状態にあります。そのため、住宅などに利用する木材はその大半が輸入に頼っており、特に日本からの輸入が非常に大きいことが特徴的です。日本とはマダコの輸出を通して友好な関係を築いており、モーリタニアの貿易における重要な収入源となっています。
モーリタニアの木材市場は基本的には他国に比べて輸入量も非常に少なく、住宅も石材を利用したものが多いため、他の国ほど頻繁ではありません。しかし近年ではこれまでの無機質な石材の住宅に対し文化的な環境を得ることができるとして木材の住宅が人気を博しており、その輸入量も少しずつですが徐々に増えている状況があります。