モンセラットの木材市場の現況(2018)

モンセラットはカリブ海にある小さな島国で、イギリスの海外領土となっている火山島です。たびたび噴火が発生しており現在でも首都として設定されたプリマスが火山の噴火により壊滅し、現在は他の都市を暫定的な首藤として活動を行っているなど、火山の影響により国土が大きく影響受けている場所となっています。
そのため目立った産業はあまり発展せず、農業としてバナナの生産が1部行われている程度でほとんどの経済活動がイギリスからの輸入に頼っている実態があります。住宅に必要な木材なども1部バナナの木を利用して建築しているものもありますが、そのほとんどがイギリスからの輸入に頼っている状況となっているのです。
そのため木材市場の現況は輸出は皆無で輸入量も人口に見合って必要最小限の物となっているため、国際的には非常に少ないものとなっているのが実態です。主な産業は観光が中心となっており、海外から様々な観光客が訪れるためモンセラットの重要な収入源となっています。
モンセラットはキリスト教の盛んな地域でも広く知られています。アメリカ大陸を発見したコロンブスが2回目の航海の際に発見した島で、その後アイルランドのカトリック教徒が強制的に移住させられたことから彼らによりキリスト教の布教が盛んとなり、現代でも国民のほとんどがキリスト教徒であると言う特徴があります。非常に自然豊かな国ですが度重なる火山の噴火等により開発が進んでおらず、自然の姿そのままの様々な植物が自生していることが観光地として非常に興味深いものとなっており、人々は1部の地域に居住するのみとなっているのが実態です。そのため木材を始めとした農林水産行もあまり盛んではなく、経済的にはイギリスの支援を受けて成り立っているのが実情で、木材に関してもイギリスからの輸入が主な入手源となっている地域です。
モンセラットはカリブのエメラルド頭とも呼ばれており、カリブ海の他の島々と比較してもその開発が遅れていると言う実態もあるため、自然環境求める観光客に人気の場所となっているのが特徴です。