マルタの木材市場の現況(2018)

マルタの木材市場の現況は地中海性の気候によって年中温暖な環境で木材が育ちやすいことから、酸性雨問題によって市場規模が縮小傾向にあるヨーロッパの他の国よりは良好です。ただし、人口は諸外国と同様に減少傾向で生産できる木材も島国である都合上、それほど多く輸出することはできないことが多いです。マルタの木材市場は基本的には国外からの輸入に頼っています。マルタの主要産業は電子や繊維、観光などが中心なので林業はそれほど多くありません。現在では自国内の環境保護を優先するために伐採よりも植林を推進しており、国外からの輸入に頼っている現状を考慮すると、これからも木材の価格は向上していくことが予想されます。ただし、政治が変わるとマルタの林業が回復していく可能性も考えられます。国民の識字率は低く、教育を推進していますが貧困層は学校に通うことができず就職すらままならない状態です。この状況を打破するために政府が主導になって林業を推進していくことにより、マルタの主要産業として発展していく可能性も考えられるでしょう。マルタは国土が狭い問題がありますが、地中海性の気候によって年中温暖な点を活かすことで木材の生育環境が成立する可能性があります。そして林業の従事者も国内の失業者を中心に政府が雇用を推進していけば植林と伐採を行うことによって木材の自給を行うことができるようになるでしょう。今後のマルタの政策に応じて木材市場は復活していく可能性も考えられます。現在は木材の価格が高騰しているようですが、ここから林業従事者を確保して植林を徹底していけば価格は落ち着いていく可能性があるのです。ただし、自国で木材を生産するよりも国外から輸入したほうが安く済む現状を考慮すると、実現は非常に難しいでしょう。以上のことからこのままマルタの自国内で流通している木材の価格が向上していくと、他の資源にも価格の高騰による悪影響が懸念されます。