弊社について記事一覧

国産材の家が自然を守る弊社の木材事業には50年を越える歴史と実績があります。全国各地より集荷される国産の杉と桧の原木及びその他建築用製品を取り扱っております。更なる事業発展のため、国内向け市売事業を関連会社である鈴鹿木材株式会社の主要業務とし木材輸出事業を主要業務としています。日本の植林森林は国産材を使用する事により、間伐がなされ、土が十分な太陽光を浴び、栄養価の高い土によって育った杉や桧で形成さ...

タウンワークの公式サイト求人・転職情報サイト【はたらいく】公式サイト転職情報 - 転職ナビ公式サイト

 対馬産ヒノキの丸太5120本が28日、対馬市峰町の峰港から韓国・釜山市に向けて輸出された。県対馬振興局によると、今年初めてで、住宅などの内装材に使われる。長さ3・6メートル、直径14〜34センチ(樹齢約40〜50年)の間伐材。三重県鈴鹿市の木材会社「インベス」(森和正社長)が、対馬森林組合(同市厳原町)や県林業公社などから購入し、約50キロと距離的に近い釜山市の製材会社と取引した。農林業振興協議...

弊社が取り扱っております商品の一覧を下に示します。「グリーンウッドタクミ協同組合」より詳細につきましては、下のpdfファイルもご利用下さい。お気軽にそうぞ!

弊社が取り扱っております商品の一覧を下に示します。「木材選びの基礎」(社)全国木材組合連合会より〜「木のいろいろ」(財)日本木材総合情報センターより「木のいろいろ」(財)日本木材総合情報センターより詳細につきましては、下のpdfファイルもご利用下さい。お気軽にそうぞ!

林業とインターネットとは不似合いと思われる方も多いでしょうが、将来の日本林業の発展を考えますと、ネット社会を無視するのではなく、積極的に活用する方向に向かうべきだと考えます。かつて1960年代に林業従事者の数は44万人を数えていましたが、最近ではその数が5万人以下に落ち込んでいます。木材の需要が減ったのかと言いますと、逆に需要は人口と共に増えているのです。しかし、その需要を満たしているのは海外の安...

M-GROUP70年の時間もの長い時間をかけ、森の人々の汗により育まれてきた木々を切り出し、建築の柱や梁としての第二の人生への橋渡しをすることが私達MGの仕事です。生津設計事務所国産材使用住宅にこだわり、とてもハイセンスな作品には素材とデザインの調和が程よく保たれ、思わず魅了されます。CCDOデザインアオードグランプリに輝くなど、その才能は留まる所を知らない。人人.net建築家と家を建てる/人人ネ...