木材事業について

 

国産材の家が自然を守る

 

弊社の木材事業には50年を越える歴史と実績があります。
全国各地より集荷される国産の杉と桧の原木及びその他建築用製品を取り扱っております。
更なる事業発展のため、国内向け市売事業を関連会社である鈴鹿木材株式会社の主要業務とし木材輸出事業を主要業務としています。
日本の植林森林は国産材を使用する事により、間伐がなされ、土が十分な太陽光を浴び、栄養価の高い土によって育った杉や桧で形成されているのが本来の姿です。
そして、数十年もの年月をかけ、立派な建築材の材料へと育っていきます。
その後また植林が繰り返され、森が循環していくのです。
しかし、低価格外国産材の輸入緩和による国産材の需要の低迷による国内の森林破壊が深刻な問題となっております。
そもそも日本国内の木造建築物には京都や奈良の古代建築物にも立証されているように、国産の木材が一番適しています。
木材の腐れ等の実験においても、国産材は明らかに輸入材に比べ優れています。
しかし、『価格』を理由に人は国産から離れ、そして結果日本の森林を破壊してしまっているのです。
弊社は日本国内木材事業の活性化と森林保護のために誠意を尽くして取り組んでまいります。

 

木材事業について

 

木材事業について

 

木材事業について

 

キーワード

 

TOP Company profile Trading Products Trading Woods Information Contact Us